デザインの終わりの次

デザインの終わりが進んでいる。

デザインの再出発はあるのか。

これまでどれだけデザインの問題に悩まされてきたことか。 カタカナ言葉が示す問題の大きさは簡単には説明できない。

問題の多くは、芸術の解体と科学的合理主義の行き詰まり、それに経済万能主義の接点にあるだろう

それにしても芸術の解体は大きな悩みである。

マルセル・デュシャンが体験し、体現した世界観は今でも続いている。多くの芸術家が、ありとあらゆることをやっているが、どれも納得できるような仕事ではない。

つまり、芸術は終わっている。

 

一方、科学もAI時代の取り込みで、すでに人智を越え始めているが、本当にはどこまで人間に置き換われるかはまったくの未知数だ。

数日前、孫が生まれて赤ちゃんの表情や皮膚感覚、体温や体重に触れてきたが、こんなことがAIに出来るわけがない、このことに感動したが、それはやはり人間の神秘である。

カネを儲ける、有名になる意外に、何かやる目的を持ちたい人にとって、そうなると、今、やるべきことは何なのか。

デュシャンが、かなり長い人生をチェスに打ち込んで過ごしたと知っているが、その事の深い意味が伝わってくる。

それにしても、とまた言うが、そういう社会認識になれない日本社会の現状には、やはり気が滅入る。

どれだけ、稼げたか、どれだけ知名人であるかによって人生を判断されるなんてまっぴらだが、今後とも、それに眼を向けて生きている人ばかりで創るような社会であるなら、何とかしなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

混乱のまま

はてなダイアリー」が終業するというので、慌てて「はてなブログ」に変えて貰った。

移転した「はてなブログ」をクリックすると、そこに「はてなブログ」と並んで「はてなダイアリー」がまた、ある。これまでの10年余りのブログと思っていた「ダイアリー」記録はこちらに在って、今書いているこのページである。

ということは、これまでのフォロワーの方は、引き続きこちらを見ているのだろうか。あるいは、これまでのアクセス方法では、もうここに届かないので、見て頂けなくなっているのだろうか。

また、「はてなブログ」に移ったことは知られていないのだろうか。

そもそも両方、存在するのは、どういう意味なのだろうか。

 

時間がなくて、会社にしつこく質問すればいいのだろうが、出来ていない。数日の内に契約サポーターが来てくれるが、高齢者がこういうことをやるのに、あまり親切ではないという気がしてならない。もう「ブログ」などは止めろと言うことなのか。

 

読んでもらうというより、元々自分の人生記録だと思っているし、このデータが今後の著書(自分の考え)などのベースになっていると思うので、真剣に存続して欲しいのだ。

 

これを読んで頂いている方には、数日のうちの判断も加えて、「はてなブログ」だけに書いていくことになるかもしれないことをお伝えしておきたい。両方に書くわけにもいかないし、コピーを転載するのも馬鹿らしいので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きる目的などは無い

フォーマットが変わったことで、たじろいでいる。

この様式に書けば、ちゃんとアップデートされるのかという不安が付いてまわる。

ページ・リビューも無くなったそうだ。

このまま、このブログに書いていていいのか、という不安もある。

いずれにしても当面、対応策は無く、時間が過ぎていく。

 

この不安は、ブログだけのものではないのだろう。3月1日の朝日新聞に、佐伯啓思氏が「平成の終わりに思う――にぎやかさの裏 漂う不安」(「異論のススメ」欄)を書いていたが、まさしくこの現代状況を代弁したものだろう。

現代の(特に日本でのことだが)あまりの自由が逆に、共通の規律や規範を無くし、そのまま放置された(バベルの塔のようなものだ)という。その通りだ。

昨日、急に思った。「この世は生の意味などない。ただ生と死と、生きる間の愛があるだけだ」と。

 

 

 

 

追い詰められ、言葉に頼る

 

何のために表現するのか

―「たかがデザイン、されどデザイン」程度の意味はある歴史の過程で―            

 

 

しばらく前の夕食時に、家内が見ている契約テレビ番組AXNミステリー・アガサ・クリスティーの「検察側の証人」シーズン1:1,2部をしばらく見ていたら、あまりに面白く、とうとう予定を変えて全部見てしまった(1/25)。

登場人物が多ければ、その分、もし貧相な男が出てきたりすれば、それが主役だとは気付きにくい。

その主役がこの弁護士で、極めて正義感に溢れ実に誠実だが、生活は豊かでなく何か不満そうで不吉な感じの妻を持つ、魅力のない小さいハゲ男だった。

ある若者が、大金持ちの未亡人に気に入られ、取り入って遺産まで相続できる手続きをした挙句に殺した、とされた裁判の件で、この若者の「やっていない」という申立の弁護人になり、次に疑われた恋人から、家政婦を犯人に移して絞首刑送りにした。若者は晴れて罪から解放されるが、まだその後の深い闇があった、という話。

俳優の選択が良く、人間の弱みの把握がしっかりしていて、映像も美しく時代設定も確かで引き込まれた。後から事件が反転し、最後に頼みの綱である妻の夫への根本的な不信(反対する妻に逆らい息子を戦場に送り殺した)を知り、ラスト・シーンで夕日の沈みゆく遠浅の海に向い入水する。

監督の名前は読み忘れた。

このドラマを見ていると、もし正義と思って真剣にやっていることが単に空転するだけの活動だったり、一番、頼りにしているはずの妻が実は夫に恨みを持ち、形だけの夫婦生活に耐えているだけだったとか、空恐ろしい物語がもし、わが身に起こったらどうしようと身が引き締まる。

こういうことが、これほど深刻でなくとも、我々の創作活動にも大きな影響を与えるという話は、また別の機会にしよう。

 

 

同じ映画の話だが、大学生になった頃か、「太陽がいっぱい」を見て大いに興奮した。ストーリーのドラマ性もあるが、何しろ音楽と地中海の空気感がたまらない。イタリアに行きたいとの思いを募らせたのも、この映画も関係する。

「恋人たち」だって、「我が青春のマリアンヌ」だってそうだった。あたかも自分が彼の地の事情に深く関わっているかのような気分になったものだ。

こういう経験があると、映画監督にも憧れる。しかし人間観察には自信が無く、自分はとても監督にはなれないと自覚していた。

映像は今でも、何とはなしに見始めても引き込まれてしまい、抜けられなくなる魔力がある。

 

 

そこで付け加えておくべきことがある。それは、映像や音楽は自分の創造感性に関り、実に気になる対象と意識するが、その一方で、ここでは「文学」について触れていないということ。

デザイナーや建築家は元々視覚を軸に動いていることから、創造行為については言葉の世界を主要な相手にはしていないはずだ、ということ。異論はあろうが、ここではそういう観点に立っている。言葉を信じないとは言えないが。

気が付くと、逆に日本社会では「文学」、つまり言葉で表現する世界への優待感が大きい。これは明治になって輸入された価値観の伝達が、体現化された行為(視覚的に認証される行為)を伴わず、言葉だけで認知されて来た可能性の高さと関わっているように思う。こういう観点で演繹して言うと、例えば言葉だけで規制している建築基準法なども、実は本当の空間創造者の脚を引っ張っているはずだと思えてくるのだ。

 

 

ここで思うのは、言葉を使い個人の生活が作り出す、生(なま)の人生とその限界に関わるようなドラマ分野(映画でも小説でも、何でもそれを表現する技術を持つ分野)では、デザインだの、建築だのといった「モノ」あるいは「ソリッド(固体)を相手にする空間構成」などを相手にしているのとは全く違う創造性を発揮していて、我々の仕事はむしろその「上塗り性」のような感触を抱く、ということ。しかも利用者や住み手の事情を聞きとり感じ取り、それを活かすというのだから、ますます個人の創意から離れていく。

創造対象としての「モノ」や「空間」自体は感情を示さない。それを受け取る人間の側が感情を抱くのだ。つまり、ある種の受け身型のクリエーション。ところがここで言った「ドラマ」制作の例では、創作対象がすでに人間の行動と感情である。受け身ではない。これでは、ある意味で負けるなぁ。

かってグラフィック・デザイナーの亀倉雄策が、思いついたように言った言葉、「たかがデザイン、されどデザイン」の意味はこんなところにもあるのかもしれない。

とは言っても文章でも、映像でも、それを読んだ人、見た人の心(精神)に影響を与えるような内面性に残ってこなければ、口だけの祝詞(のりと)と同じで、その場で消えていくだろう。

言葉(文章)はこれまでは紙媒体、映像はフィルムに依っていたが、今は何でもデジタル・データとして残していけるが、それ自体はアートとしてのモノではない。モノは、それが風雨に耐えて残った紙や石、あるいは人骨であろうと消失しなければ、受け手の感情を呼び起こす状況記録として残っていく。だから実態としてのモノが生み出す力を信じようとするわけである。ところがそのモノや空間が、あまりにも増産された社会となり、ゴミ同然化している。やはり「たかがデザイン」か。

 

 

そんな状況から、それでもここで言葉で説明を試みている」のはなぜか。

これも個人的な主張だが、デザインや建築は仮説の実践という夢の時代を終わり、やることが無くなった。確実に残っているのは「個人や家族、生活者の内外面の豊かさに加担するような経済行動」だけである。それはそれで生きる以上、やればよい。

かと言って、「個人の創意が歴史を創る」という因習的な想いから逃れられないためか、表現対象に行き詰った現代でも、創造能力には人に任せられないものがあると信じたい以上、その考えだけでも「表記」しておかねばならないと思い、追い詰められる。それが、当面言葉に頼る理由である。

 

(起草20190126)

驚きの転換

 

1月23日に描いたのを最後に、この「ブログ」が書けなくなった。

というのは、後から分かったが、この「ブログ」を止めることにしたかららしい。

実はブログは「ブログ」ではなく、「ダイアリー」だった。

驚いてあちこち検索しているうちに、リセットに出会い、これを押せばいいとやってみたら何も変わらず、ただページ・ビューがゼロになってしまった。

気が付かなかったけれど、自分が書いていたのは「はてなダイアリー」という日記で、「はてなブログ」ではなかったらしい。そのことをはっきり伝えて貰えなかった。

こういうことに疎い素人や高齢者から見ると、大変失礼なことに思える。

ダイアリーなら、なぜ日々の記述のトップに「あなたのダイアリーは終了します」として、その理由を述べ、解りやすい転換の方法を示さないのか。

はてなブログ」への信頼性が急速に減衰してしまった。今後の当ブログのデータ管理について、管理者に問いただしてみなければならない。

とりあえず、身近の助けを得て、「はてなブログ」の方へ転換出来たので、経過の報告と、休止中のお詫び、ご案内まで。

(「はてなダイアリー」中止時の最終推定ページ・ビュー:≒356000 リセット日:2019/02/03 「ブログ」開始日:2019/02/08 16:30)