おかえり/美しき明治

昨日21 日、府中市美術館に行き、「おかえり/美しき明治」という展覧会を見た。

今頃になって初めていく美術館。車で予定していたが、家内が行かないと言い出し、それなら最近、健康を兼ねて改めて目覚めた電車で、と思ったが、京王線などに近年ほとんど乗ったことがない者としては、異常に遠く感じてしまい、本当に見に行くのか、と思ったほどだが、ついに行ってきた。

印象は立派でとてもいい美術館。東府中駅から公園を歩いて行ったが、快晴もあって気持ちよく、とても豊かな気持ちになった。府中はいいところだ。

僕がこの展覧会に、明治の小絵画に、それもほとんどが小さいこれらの水彩画に拘ったのは何故だろうと、後になっても整理が難しいが・・・

そこには我々が忘れた明治があったのだ。

事実、「お帰り」とあるように、ほとんどが近年の個人コレクターの外国からの買戻しによる作品だそうだ。

そこに我々が忘れて放置してあった明治があった。黒田清輝高橋由一、浅井忠、和田英作、三宅克己、大下藤次郎などは学生時代から知っていたが、50代ごろになって五姓田義松や百武兼行を知って驚いた。そのころから渡英仏、渡米の日本人画家がかなりいたのではないかと思ってきたが、その実態は判らなかった。それを暴いてくれたのが今回の展覧会だった。

特に今回主役を与えられたとも言える笠木次郎吉や、鹿子木孟郎、吉田博などに妙な共感とも美を感じてしまった。素直な水彩画と言ってしまえばそれまでで、歴史を変えるような制作をした訳ではない。しかし、そこには明治の、つつましく、優しく、自然に密着した生活風景が盛り込まれていて、忘れかけた日本人の居場所を再確認させてくれたと言える。それに加えて、信じられないような水彩画技法の体内化。あの時代、多くの画家が日本画から抜けられずにいたと思っていたが、ここに登場する30人位にもなろうか、そのほとんどが巧く習熟して達者であり、多くがアメリカや英仏、あるいはアメリカ経由での渡欧も成し遂げていて、長い者では10年近く滞在していることが判った。

でも、勝手な推測だが、これらの渡航者のうち(この展覧会に出品されたラッキーな画家を越えての話である)、どれだけの者がちゃんと帰国したのだろうか。かの地で夢を失い客死した者だって少なくなかったのではないか。それを他人事と思えないのは、同じように日本を離れた自分の人生体験に密着するからだ。

 

これらの絵画のうち日本で描かれたものは在日外国人に持ち帰えられたことによって、日本の美しい姿を国外に定着させる役割も果たしたのだった。

そんな意味も込めて、歴史的資料としても忘れかけた明治の日本文化を再確認するよい展覧会だと思った。我々が忘れてはならない、日本人の本性がここには現わされていると思ったが、どうもそれが感情的なままでそれ以上、論理的に説明できない。 12月1日まで。

(12 月5日追記)

 

やはり事業への経済的サポートが必要だ

建築家やデザイナーは、自活出来る職業と思われているのだろう。

当人たちも自分の努力で稼がなければならないと思っているのが現実だ。とすると、有名、無名を問わず、自助努力による稼ぎ高の多い方が優秀だという視点が出てくる。

一方、音楽家のことを考えてみよう。音楽家の場合、家庭教師位しか収入の途は無いのでは?(どちらの職能も企業・団体所属、教職などを除く)。つまり収入が予定される職能ではないのだ。どうやって本業で食っていくかについては、演奏会やコンクールで名が出るなどして、何らかの手段や方法で有名になるしかない。そうなれば客やスポンサーがつく。

その売れるか売れないかでの落差は建築家やデザイナーの比ではなく、はるかに厳しく現実的だろう。当然、基本的に芸術的資質と表現の才能が有って、それを生かす努力もしているレベルの話だが。客やスポンサーを見つける出発点からの意識と努力意識レベルは比較にならないかもしれない。諦めるのも早いかもしれない。

今、日経新聞の「私の履歴書」で、わが国でのインターネット業界の創始者と言われる鈴木幸一という人が書いているが、音楽家からの取りつかれ方が判って面白い。この人自身が「日本最後の変人・奇人」と自称しているが、経済界にこういう人が居てくれたおかげで、音楽家も大きな事業が出来るようになったというわけだ。(浅利慶太小澤征爾に詰め寄られた話。もっともご本人も音楽好きで、若いころ、ソ連監視下で沈んでいたプラハでの体験から、「いつか東京でも市民が悲しみや喜びを分かち合える音楽祭をつくれたら」と思っていたとのこと。2019/10/30記事)

振り返って我々は(というより、結果として受け入れたかどうかは別として、この社会全体も)、建築家やデザイナーを一方では「稼ぐ事業」とみなし、他方では「アーティスト的役割」に振り分ける。結果として、どっちつかずのいい加減な精神職業に陥りやすい。

こうして我々はスポンサーを見つけるのには出来処次第だし、必死の努力をして来なかった。いいことをやっていれば客は付くとの安易な考えが主流で来てしまったという実感がある。

これからは第二の人生として、社会的要素の大きい「NPO日本デザイン協会」を生かすように、公のためにやるべきことを経済的背景について真摯に考え、納得のいくように訴え、行動に移さねばならないと思っている。そのためにも、それもあって、サポート企業を求める必要も意味もあると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何もせずに時間だけ過ぎていく

本当に人生が、日々、無意味に過ぎている、という実感がした。

何もクリエイトしていない。というより、自分史を越える表現が出来ていない、ということか。

これは、人生の無意味を実感しているということか。

間違っていてもいいのだから、行動を興すべきだ。もうその時期に、とっくに入っている、という意識も追い詰めてくる。

今朝の起き抜け時のベッドの中で、あれをやっても意味が無い。これをやっても意味が無い。と半分、夢想状態で考えていた。その一方で、「こうして、やらないことが習慣化してしまう」という恐怖感も並行して生まれている。

つまらないことには足を取られている。

過日の千葉の大停電に見るように、自宅の車庫用斜路が最近の強烈な暴風雨で、停電のためポンプが止まり、水浸しになるのでは、との恐怖感から関係工務店に連絡したり、家内の病院通いに付き添っていったり、ついでに昼飯、夜の買い物にも付き合わされる。帰ってきてメールチェックや返信、フェイスブック投稿などを見ている。新聞や家内が買ってくる週刊誌、あるいは、毎月のように送られてくる他人の会社の機関紙などめくっていると、面白い記事があったりして、つい読んでしまう。同じようなことが起こり、仕事の片付けも進まない。気が付くと日が沈んでいる。呼ばれて夕食の卓に着くと、ついテレビを見てしまう、という状態。でも21世紀は映像の時代でもある。馬鹿にしようとしてきた、とも言えるテレビでも、教わることが多くなっているのは事実だ。

このまま更に高齢化して、階段を上がれなくなったり、家賃の節約のために息子夫婦と同居するようなことになるなら、二世帯住居を考えておけばよかったということにもなる。それには自宅を売るしかない。自分の設計した家だ。出来るのか? まだ、遅いとは思わないが、決断の難しい問題だ・・・というように。

 

 

地域に密着して生きるのが建築、と現実に還る

建築の事では最近語っていない。

「日本型規制社会と知的生産」のテーマでこの春に語り合ったように、建築設計業務以前の問題に囚われてきたからでもあるが、設計姿勢について感じていることが無いのではなく、今や、この問題があまりにも大きくなり、語り切れない状態にまでなっていると思っているからである。

資料整理していたら、2009年(平成21)の新聞(朝日12月2日夕刊)に隈研吾展(「スタディーズ・イン・オーガニック」ギャラリー・間)の紹介記事が。例によって大西若人さんの原稿だが、読んだ後にマーカーで気になった文章にライン入れていた。

短い紹介だが、今、読んでも、自分の考えとそんなに変わらないようだ。

「95年はグローバリゼーションが言われ始めtたころで、映像などのバーチャルなものとリアルなものをどう結び付けるかに興味があった(95年の同会場での個展では模型がほとんどない映像中心の展示だった)。しかしグローバリゼーションの今こそ、リアルなもの、ローカルなもの、場所に密着した価値が高まっている」と隈さんが語り、この時は模型ばかり並べたようだ(この時も、その前も見ていない)。

15年前の映像展では、歴史や思想といった建築の重層性を示そうとし、「建築は形より体験をデザインすべき時代に変わった」と語っていたそうで、どうやら読みは確かだったようだ、と大西氏はくくっていた。

 

それから10年経った今、ここに表示された考え方は、ほぼその通りに実現されたようだ。そしてその考えは、つまるところ、「場所と建築が、相互的で柔らか、つまり有機的な関係を結ぶことだ」(大西)ということであり、それは建築が現実に還って、理念や歴史性、あるいは形態の意味などに囚われることが無くなったということだろう。

言い換えれば、建築は、施主希望、建築目的への適合性、場所性という当たり前の設計条件に戻り、それに適した構法、素材、コスト、工期を含めて考える、ということになった。そのうえで「面白いもの」を考えてまとめてもいいし、結果的に「面白い建築」になれば、それも良いということか。建築に主体的な理念などは必要なくなったのだ。つまり設計は、エコ環境への提案や素材のヒューマンな活用などを除いて、当然のことをやるだけのことになった。

ある意味でこのことは、燃えるような想いで設計をする、などということはなくなったということだ。創造者個人としての設計はつまらなくなったのだ。

 

ついでだが、同じ捨てる資料に「日常くつがえす物語」(日経新聞2009年3月15日)というのがあり「原研哉が仕掛けるデザイン展」という副題が(「HAPTICー五感の覚醒」で話題になった考え方の展開を語る)。

紹介の内容はともかく、記事を書いた窪田直子さんの最後が、今読むと時代が感じられて面白い。

「目新しいもの、奇抜なものを競って消費してきた現代社会で、デザインは不幸な運命をたどり、『ただのスタイリングととらえられ、経済のお先棒担ぎのように言われてしまった』と、原はみる」。

ここから、日常の隅々をじっと見る人間の知恵や記憶にデザインの意味があることに気づかされた、と結ぶのだ。

このことを含め10年後の現在、凄くあの時代の空気を感じる。

おそらくこの頃の週刊誌記事の切り抜きの「著者に聞け!」で、佐藤可士和の「クリエイティブシンキング」も出てきたが、どれも懐かしい。

 

あの時代は今よりはるかにデザインや建築について、メディアが真面目に取り組んでくれていた、という印象がこれらの記事から読み取れる。

「デザインが不幸な運命をたどる」のはその後も続いていて、今や、承知の無視と言った時代状況ではないだろうか。

気付けば3層の意識が同時進行

今朝、気が付いて家内に言ったこと。

おのが意識に3層があり、それが「お前のように簡単には行かない。だから忙しい」と言ったことによる。

上層が日常の生活、特に健康管理面での気の廻しよう。

もともとこの話題、「胸のレントゲンを最後に撮ったのはいつ?」「いや、忘れた」「駄目じゃない、自分の体の事くらい覚えていなければ」という話から入ったことによる。他に、行っていない墓参り、自宅エレベーターの設置など、くだらないと言ったら、先祖にも、家人にも迷惑を掛けそうなことばかり。

中層が、これからやろうとしている事の考えのまとめ。拡散してしまったので、やりたいことは多面化している。前のブログに書いた「ホモ・デウス」はおととい読み終えたが、学ぶところは多く、これからの社会への大きな視野を与えてくれた。

下層が、やったことの整理、つまり断捨離の実行に関わる面倒くささ、である。データにするようにと息子は言うが、この年では簡単ではないし、モノの価値についても無視できない。

あ〃、だから日常が緊迫し、いつも追い詰められている。

可能性と限界

難しい言葉を出してしまったが、今日この頃の自覚を数言で言えば、こんな言い方になるのか。

このところ、本ブログに記事を書いていないことも、関係している。

 

自分の抱くある頂点のようなものを意識するようにはなっているが、一方、それが全く無意味であるような意識にもなっている。

生命の限界、個人体験の限界。その一方で、現代ほど価値の多様化をもたらした時代は無い。そして行き詰ってはいるものの、それをいいことにしている政財界の複雑怪奇さ。それらを混ぜ合わせると、ほとんど何でも可能。一方で何も意味が無い、という感覚。

今、読んでいる本に「ホモ・デウス」というのがあるが、その膨大な知識が教えることに深く気に入っている。

 

最近、この2月に行ったセミナー「日本型規制社会と知的生産-イタリアン・セオリーに学ぶ-」の編集を終わったことが、気抜けの原因かもしれない。

最後に「人は何のために生きているのか?」との自問で一節を設けたが、この一文の流れが全体のトーンに影響しているのだろうか。

登壇者の神田順東大名誉教授から次の企画を打ち合わされていることも、可能性の方で何かを感じさせる。

 

このセミナーの内容を発展させるのに、「ホモ・デウス」が役立つのかどうか、まだ判らないが、言語思考に長けているわけでもないのに、言葉でしか考えられない世界をさまよっていることが残念だ。

このセミナー記録は、面白いと勝手に思っているが、今日まで、まだ公開していない。

もちろん順次、出来るだけ広く公知していくつもりだ。今日までの所、湯本長伯社会構造設計研究所長が、建築学会の地域会で活用して下さるとのこと、日本建築家協会関東甲信越支部のホーム・ページに掲載されるということが明らかになっているが、肝心の日本デザイン協会のホームページにもまだアップロードしていない。

 

どこまで可能性と限界に挑んでいけるのか、山が見える気がする分だけ、意識の充満は進んでいる。

日経新聞電子版に紹介記事が

 

4月だったか、(公財)発明協会の「全国発明表彰」で、意匠部門が100年目にして始めて「恩賜発明賞」を頂いたが、その時の想いを新聞社に伝えていたところ、今になって電子版で紹介してくれた。僕が意匠部門の審査委員長だった。

対象は、日立製作所高速鉄道のデザインで、その事情の解説を以下の記事に見ることが出来る。

 

日立の英高速鉄道、デザインに発明賞

文化往来
2019/8/1 6:00
 
英ロンドン・ノース・イースタン鉄道が運行する高速鉄道で5月、日立製作所の新型車両「AZUMA」が走り始めた。最高時速約200キロで、電化していない区間もディーゼルで走る。この車両を含む日立の「英国の社会インフラとなった高速鉄道車両システムの意匠」が、発明協会(東京・港)の2019年度全国発明表彰の最高賞である恩賜発明賞に選ばれた。

 

英国の高速鉄道を走り始めたAZUMA(日立製作所提供)

英国の高速鉄道を走り始めたAZUMA日立製作所提供)

表彰制度の創設100周年で、デザインが「発明」として最高賞に選ばれたのは初めて。選考委員会の意匠部会長の大倉冨美雄氏は「多くの制約のなかで車両の色や形を美しく仕上げるという狭義のデザインだけでなく、地域特性や環境などに配慮する広義のデザインによって英国社会に受け入れられた」と評価した。

英国では日本の新幹線と異なり、高速鉄道にも踏切や急カーブがある。運転席の視界の確保や衝突時に運転士を守る機能などさまざまな規格が設けられているが、部品の小型化や設置角度の工夫によって流線形でなめらかな外観を実現した。

さらに現地工場での生産性やメンテナンス性を高め、社会インフラとして英国の生活や文化に溶け込ませたという。大倉氏は「時代の構造変化に合わせ、デザインに求められることも大きく変わっている」と話している。

日立は2012年に英政府と契約を結び、17年10月にまずロンドンと西部ウェールズを結ぶ約300キロで高速鉄道の車両の供用を開始。今年、東海岸を北部スコットランドに向かう路線にAZUMAを投入した。

発明協会公益社団法人で、1904年に工業所有権保護協会として設立され、発明の奨励や知的財産制度の普及に取り組んでいる。歴代会長を松下幸之助氏や豊田章一郎氏が務めた。

(山川公生)