ちょっと戻っても、同じ考えに

自分史、と言ってもかなり公的事態を軸にした記録を作成しているが、この半年、コロナ禍で身動きが取れないのに合わせるように、思考も停滞しているようだ。

しかし、よく考えると、考え方が定着し始め、今後やるべきことがより鮮明になってきた、という見方も出来そうだ。

そこで3月27日の個人史記録にあった記述が、微修正でそのまま、今を伝えているようなので転載することにした。

 

3月27日:事務所整理。2013/6~16/3までのプリント写真が出てきて、あまりの時間経過の速さに改めて驚き、考えさせられる。僕にはデジタル・データよりプリントかも。

この間の約3年間に一山あった。後で気が付くと、意識に底辺で気遣っていた義母の死を頂点に家内の実家との縁が完全に切れた。また、3年目の終りに「クリエイティブ〔アーツ〕コア」を出して、これも一山越えか。

すると2017~19までの3年間は何だったのか。静観と転換努力への3年だったようにも思える。大京町の家(家内の実家宅)の売却と小田原の親の家の売却。それに孫の誕生。自分史に関わる感傷的な日々だったような気もする。

対社会的に何も成果が上がっていないようだが、よく考えれば、表面的な時々の話題や知名度が問題なのではなく、長い歴史の中でのアンガージュマン(歴史への関りと自己拘束)こそが大切なのだ、と改めて自負している。その際に、出来るだけ「関わる作品」が必要だろうということは判っている。

100年前の「スペイン風邪」が話題になっている。自分にとっても何かの転換期への指針のようだ(1918年の記録参照)。

「ちょっと戻っても、同じ考えに」ということは、この記事は過日のブログにすでに部分転用されているのかも。ということなら相当、ボケている。

 

(付記:かって何度か記載しましたが、別にFumiookura’s Blog )もあります.。検索して頂ければ幸いです)

 

居場所で変わる微妙な感覚

とても不思議。

この10日ほど軽井沢にいたが、新聞も取らず、従ってテレビ番組も知らず、清々しい自然と自分に向い合って過ごした。その間、「一瞥デザイン史」というタイトルの、自分なりのデザイン紹介ミニ空間を考えていたが、とても充実していた。

所が、東京に戻ったら、この熱風と、どんどん来る郵便物、取り乱したままの事務所を控えた生活で、なんだかつまらない日常に戻ってしまったようだ。

何となくテレビを見てしまったり、身の周りの資料や器物に囲まれたパターン化した生活は、ある意味で、真の新しい感覚の展開を阻害しているようだ。こんなことを「不思議だ」と言っている鈍感さが問題だが、身を引き締めて周囲の状況を整理していかねばならない、と感じる今日の日だ。

「日本には文化をサポートする政治家がいない」

「日本には文化をサポートする政治家がいない」

言われてみれば、そうか、と思う人も多いとは思うが、この年になって改めて実感を持ってこの言葉を感じている。

フランスにいたアンドレ・マルロー文化相に感謝する題の絵を描いた中国人画家(名前はど忘れ、ゲオ・ワーナーとかだったか)の新聞記事を見て、思い出したことである。

ついでだが、もう一つある。「東大とは何だ」ということ。

やたら東大を評価する著書が出てきたので、一言いいたい。これも受験校で周辺を見てきたことが批判精神を生んでいる。

何を言っても現状ではどうしようも無い。しかし、どこかで、このことをしっかり言って行かねばならない。とりあえずは、今、自分が中心になってまとめ、連載中の日本建築家協会の機関誌(関東甲信越支部)Bulletin の原稿「日本型規制社会と知的生産」の終りにこのことを言っておこう。